可児市・多治見市の学習塾は、地元で24年間の実績を持つ『進学塾Win』にお任せください【小学生・中学生・高校生 対応】
進学塾Win
0574-64-4596
10:00~21:00(土日祝定休)

テストが返ってきたら必ず復習を!

ココアがおいしい季節となりましたね。糖尿が心配な酒井です。

受験も目前となり、受験生は塾や学校で毎週毎月テストを受けている頃だと思います。

受験生以外でも、高校生は毎月のように模試があり、
中学生でも期末・中間・実力と定期的にテストを受けなければなりません。

 

テストを受けるにあたって大事なことは何でしょう。。。

 

テスト勉強、正確さ、解くスピード、最後まで諦めない姿勢…

確かにどれも大切です。
間違いなくどれも大切なのですが…

 

個人的に最も大切なのは、テストが終わった後、

もっと言えばテストが返されてから2,3日以内に復習をし、
自分が何を分かっていて、何を分かっていないのかを具体的に明らかにすること

だと思っています。

提出忘れの男子

なぜ「2,3日以内」なのか?

私自身にも覚えがあるんですが、、、、

 

テストって、返されて1週間も経つと 結果の如何に関わらず、もうどうでも良くなっちゃうんですよね。(!?)

 

だって目の前には次の試験や模試が迫っているわけだし、返された直後に感じた「あー悔しい!」って気持ちも、1週間も経てば薄れていってしまいます。

 

だから、「鉄は熱いうちに打て」という言葉もあるように、

テスト直しは遅くとも返却後2,3日以内にするよう

生徒には伝えています。

とはいえ、成績の悪い生徒ほど振り返りが出来ない。。

これはまあ当然というか、

成績が悪い子ほど直す箇所がたくさんあります。

 

そうなるととても2,3日では終わらない量だし、何回も先生や友達に聞きにいくのも嫌だし…ということで、結局ほとんどテスト直しをしないまま、また次のテストに臨んでしまうのです。

 

テスト直しをしないから、出来るところがなかなか増えていかない…

できるところが増えていかないけど、過去に習ったことはどんどん忘れていってしまうので 少しずつ成績が落ちていく…

 

という負のスパイラルに陥ってしまうんですね。

「直し」が多すぎるときは、まず半分!

そんなときは、テストすべてを直すのではなく、「まず半分」を直してみることが大事だと思います。

 

半分というのは目安ですが、

 

要は「嫌になって途中で投げ出さない量を、どの教科もまんべんなく行う」ということです。

 

そうすれば、本当に少しずつかもしれませんが、着実に自分の力がついていき、成績が向上していくはずです。

 

自分の苦手を潰し、「出来る問題」に変えていく。

 

だから、復習ってめちゃくちゃ大事なんです。

 

Winでは学校のテストでも、生徒が「この問題が分からない」と言えば授業中に解説をしますし、

日々のテストやプリントなども、直しをした上で提出をするよう伝えてあります。

 

復習の重要性が分かると、日々の授業やテストへの意識も変わってくるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です