可児市・多治見市の学習塾は、地元で24年間の実績を持つ『進学塾Win』にお任せください【小学生・中学生・高校生 対応】
進学塾Win
0574-64-4596
10:00~21:00(土日祝定休)

何のために勉強を頑張るのか

どれだけ勉強をしてもやっぱり試験の前にはドキドキしてしまう、酒井です。

祝・私立中学合格!

 
進学塾Win生の小6生(新中1生)が、めでたく私立中学受験に合格いたしました!

自分のことのように嬉しい、、、本当におめでとうございます!\(‘ω’)/

私立受験合格
大好きなサッカーのために、勉強も頑張りました!

 

今回私立中学に合格した彼は、自他共に認めるサッカー少年です。

 

塾に来るときはいつもスポーツウェアを着ていて、彼自身や保護者様のお話からも、

サッカーが大好きなんだなぁと陰ながら応援していました。

 

11月中旬にサッカー強豪校の実技試験に合格したため、

12月から集団授業→私立中学受験向けの個別授業へとコースを変更。

 

正直、短い期間で学力を上げなければいけないというのは厳しい条件です。

 

特に私立受験では学校ごとに特徴があったり、解くのに根気が要る複雑な問題が出題されたりするので、

なかなか一筋縄ではいきません。

 

彼の場合は、それまで集団授業で培ってきた基礎力も応用力もありました。

 

ひとつ気になる点があったとすれば、複雑な問題を目の前にすると少し緊張してしまい、

自分の力を十分に発揮できないところでした。

自分の弱点と向き合う

Winの担当講師の指導のもと、

受験勉強を進めるかたわら、彼は日々自分の弱点をノートに書き連ねていきました。

弱点克服1
↑実際に彼が書いた弱点克服リストです↓
弱点克服2

「テストができるかどうかを事前にクヨクヨ考えない」

 

「時間が余ったら、他人の答案のミスを探すつもりで見直す」

 

「最後の一秒まで諦めて投げ出さない」

 

人は、自分の中でもやもやと嫌な気持ちを抱えているより、

話したり書いたりしてアウトプットをし、明確化した方が弱点ときちんと対峙できます。

 

彼には一度、自分の弱みが何なのかをアウトプットしてもらい、

毎日このリストを見返し確認することで自分の弱点に打ち勝つ練習をしてもらいました。

 

この過程で、彼は少しずつ、でも確実に変化していきました。

勝ち取った自信、そして志望校合格

「弱点対策をするようになってから、目に見えて自信がついていきました!」

 

これは、彼を一番近くで見ていた保護者様からのご感想です。

 

最初、彼にとっては「私立受験」というだけで

とてつもなく高いハードルに感じられていたことと思います。

 

プレテストでも毎回緊張してしまって、思うように点が伸びず、

それがますますプレッシャーになっていたかもしれません。

 

しかし、

「大好きなサッカーをより良い環境でプレーしたい」

という夢のため、彼はひたむきに頑張りました。

文武両道
何かのために「勉強も頑張れる」ってスゴイこと。(※イメージ画像)

 

短い期間だったからこそ、人一倍努力をして、

きちんと自分自身の弱さとも向き合いました。

 

今回の私立中学受験合格は、

彼の夢に対する熱意がそのまま反映されたものだと思います。

 

彼はすでに短期のサッカー留学が決まっていますので、

今後も勉強でもスポーツでも更なる活躍を見せてくれることでしょう。

 

年齢を問わず、

何かのために頑張れる人というのは本当にキラキラと輝くものです。

 

勉強が好きだから勉強を頑張る子もいます。

志望校のために勉強を頑張る子も、やりたいことのために勉強を頑張る子も、なりたい職業のために勉強を頑張る子もいます。

 

酒井個人としては、勉強の原動力なんて何であろうと素敵やん?(‘ω’)ノと思います。

 

大切なのは、目標である「何か」と「勉強」を連結させて考え、

勉強を一生懸命頑張ることにも価値を見出すマインド。

 

今回の彼は、それをちゃんと分かっていたのではないかな、と思います。

 

塾講師をしていると、生徒のキラキラしている姿に気づかされることが本当に多いです。

 

生徒から見たときに私もキラキラした先生であるように、これからも精進いたします!(・ω・´)

========

\Facebookはじめました!/

ブログの更新情報・Winの生徒が普段どのように学んでいるか、Facebook限定のクーポンなどを定期的に投稿いたします!

「通ってみたいけどもうちょっと様子を知りたい…」
「どんな授業や特別講座があるの?」
「ほかの進学塾と違うところは?」

という方は覗いてみてくださいね!(‘ω’)

\Goodな情報をお届けいたしますので、

ぜひ「いいね」「シェア」お願いします/