可児市・多治見市の学習塾は、地元で24年間の実績を持つ『進学塾Win』にお任せください【小学生・中学生・高校生 対応】
進学塾Win
0574-64-4596
10:00~21:00(土日祝定休)

低学年でも学習習慣がラクラクついちゃう!東大生も実践する○○○○学習とは?【メリット編】

こんにちは!
だいぶ暖かくなってきましたね◎

 

酒井も授業準備中にウトウト…(-ω-)

 

するわけにもいかないので、ちょこちょこ身体を動かして目を覚ましています。

 

それでも眠いときですか?

 

さかい
さかい
潔く寝ます!!!!!!!!!!!

力強いのやめて!!!笑
うさくん
うさくん

さかい
さかい
眠いまま仕事すると能率はガタ落ち。。そういうときは5分10分寝て、頭も気持ちもスッキリさせた方が良いですよ◎
決してサボってるわけではゴニョゴニョゴニョ……

語尾!!!笑
うさくん
うさくん

 

さて、そんな小芝居は置いといて、、、、笑

 

本題に入りましょう(^^)/(やっとか!

 

 

宿題は自室でやらせていいの?

 

そろそろ、新年度の季節ですね♪

卒業、入学、進級…

新生活に向けて変化中・準備中のご家庭が多いのではないのかなと思います。

 

 

 

 

 

想像してみてください。

 

 

 

 

新学期…

学校でめいっぱい遊んで、新しい友達ができ、毎日を楽しそうに過ごす我が子にママもパパもニコニコ(´ω`*)

 

 

 

 

でも、だんだんこう思うようになります。。。。

 

 

「ただいまー!」と声が聞こえて、しばらくバタバタ。

すぐに「いってきまーす!」で遊びにGO…。

 

外遊び

 

帰ってきたら宿題をする約束だけど、勉強は自分の部屋でするから、ちゃんとできているのかも分からない。。。

 

 

「面倒臭いからってテキトーに終わらせてないかしら。。」

「そもそも漫画やゲームで集中できてないかも。。」

「でも共働きだし、勉強をつきっきりで見てあげることなんてムリ!」

サボる

部屋が片付いていない子なども要注意!勉強する環境に難あり。。。(;_:)

 

あ~~~~~~もうっ、心配!!!( ;∀;)

 

 

 

 

こんなママさんパパさん、いらっしゃいませんか?

 

 

 

 

いや、いますよね??

「私やん…( ;∀;)」って思った方。。。。笑

 

 

 

 

しかも、毎日忙しくてなぁなぁになっている方、、、、、(気持ちが分かりすぎます…!(-ω-))

 

 

東大生の80%以上がリビング学習を併用

 

『東大脳の育てかた』(主婦の友社刊)によると、東大生の83%がリビング学習をしていたそうです。

 

 

だからといって「リビング学習をすれば必ず賢くなる!」というわけではありませんが、、、
うさくん
うさくん

さかい
さかい
「勉強するときはリビングでやるようにしようか」とルールを決めると、自室にこもるよりは確実に、きちんとした学習習慣が身につくはずです!

 

 

 

83%…とても多いですよね!(; ・`д・´)

 

 

 

でも何で?

リビング学習って、何がそんなにいいの??

今は自室で勉強させているけど、リビングに変えた方がいい??

 

 

 

 

疑問は尽きないと思いますが、そんな疑問にお答えしていきます!^^

リビング学習メリット編スタート!(^^)/

 

メリット1.適度な緊張感

 

まだちゃんと学習習慣が確立していない子や、自室に娯楽(TVやゲーム、漫画やスマホなど)が多い子の場合、

 

リビング学習は効果てきめん!!^^

 

 

 

誰だって、「人に見られていない」と思ったら気は緩みます。

 

ですが、親や兄妹の目があるとそうはいきません。

 

 

 

 

また、子どもの真横にピタッと張りついてしまうと、性格によってはプレッシャーに感じてしまうお子さんもいます。

 

 

 

 

 

そんな中、リビング学習では、親が子どもに張りつくわけでも、子どもが親の目のまったく届かないところにいるわけでもありません。

 

 

 

 

 

子どもがリビングで勉強している。

その同じ空間で、ママやパパが家事をしたり読書をしたり身体を休めたりしている。

 

 

 

近すぎず、遠すぎず。
このリビング学習の距離感が、勉強に最適な緊張感になっているのかもしれません◎

 

 

 

自学中の小学生

「見守っている」けど、「監視」じゃない。絶妙な距離感!

 

 

 

メリット2.相互的な安心感

 

特に低学年のお子さんの場合、

 

親も子どもも、「目の届く範囲に相手がいる」のが安心材料です^^

 

 

 

親は子どもの様子を見られて安心ですし、子どもは子どもで親がいてくれるとこう思えるんです♪

 

 


①分からないところがあってもすぐに聞ける!

 →答えを教えるのではなく、導き方のヒントをあげるのがGOOD!

 

②頑張っているところを見てくれている!

 →低学年のうちは、まだまだママやパパにいっぱい褒めてほしいもの。

 

  「ちゃんと見ててくれてる!」という安心感が、モチベUPにも繋がります!


 

「分かった!」「分からない」を共有することは、親子間のコミュ二ケーションにも◎
うさくん
うさくん


 

メリット3.適度な雑音

 

自室でひとりで勉強…
していると、ほぼ無音ですよね。

 

 

 

誰かが鼻をすすったり、やたら書く音がうるさい人がいたり、紙がクシャッとなる音も、椅子を引く音もしません。

 

 

 

でも、実際の試験では、こんなことしょっちゅうですよね?

 

 

 

さかい
さかい
あまりにも静かな空間での勉強に慣れていると、他人の雑音にイライラしてしまい、集中できなくなってしまう子が一定数いるんです。。

ええっ!
静かなところでの勉強が一番やと思ってた、、、!
うさくん
うさくん

さかい
さかい
静かな環境や音楽を聴きながらの勉強は、自分の世界に没頭しやすいです。
が、実際に学校などで試験を受けるときの環境とかけ離れているというデメリットもあります。




 

リビングは生活音で溢れていますよね。

 

 

家事をする音、テレビを見る音、本や新聞をめくる音、人が歩く音、座る音、話し声…。

 

 

 

このように、多少騒がしくても自分の世界に入り込める集中力が身につくのも、リビング学習のメリットだと言えます^^

 

まとめ

 

東大生の80%以上が経験のある、「リビング学習」のメリットについてでした。

 

 

 

4月から新生活が始まるので、それに向けて変化中の親子が多いではないのかな~と思い、

 

 

 

 

これから自学の習慣をつけていきたいご家庭に、オススメの勉強法のご紹介でした♪^^

 

 

 

リビング学習には良いところがいっぱいですが、ご家族の協力なしには成り立たない点もあります。。(;_:)

 

 

 

 

ですので!
次回は「リビング学習*デメリット編」にてお会いしましょう(´∀`*)

 

 

 

 

親子で学ぶための学習法など、ブログやInstagramなどでご紹介中です!

 

 

ご興味があればぜひチラ見していってくださいね~♪(^^)/

 

 

\こちらも人気記事!/

\インスタも更新中♡更新楽しい^^笑/