可児市・多治見市の学習塾は、地元で24年間の実績を持つ『進学塾Win』にお任せください【小学生・中学生・高校生 対応】
進学塾Win
0574-64-4596
10:00~21:00(土日祝定休)

「将来の夢」という力の強さたるや

小さい頃の将来の夢は獣医さんでした、ガチガチの文系人間こと酒井です。

そこのキミ、「将来の夢」はあるかい?

子ども、夢、塾
職業だけが、「夢」じゃない!

塾の授業中や特別授業、体験授業に来る子にも度々尋ねるのが

「将来の夢は何ですか?」

 

ええ、ええ。ベタな質問だということは自覚しております(笑)

ただ、このとき私は付け足して「夢=職業というわけじゃなく、夢=したいことでもOKです」と言います。

どういうことかというと、例えば「将来はバレエダンサーになりたい!」でも「将来ひとりで世界一周したい!」でも「アフリカで野生動物を撮りたい!」でも、なんでもアリだよ!ということです。

私自身、「夢=なりたい職業」という図式に疑問を感じていたこともありますし、

また、「将来なりたい職業はありますか?」と聞くと「……??」という反応でも、「将来したいことはありますか?」と聞くと「可愛いおうちに住みたい」とか「ヘリコプターを操縦したい」とか、小さい子どもからでも意見がポンポン出てくるのです。

「夢」っていうのは凄いもんなんです

私がなぜこの質問を生徒たちに定期的に投げかけているかというと、「夢」のもつ力は偉大であるからです。

皆様も少なからず、ご経験がおありだと思います。

「〇〇が大好きだから徹底的に調べて凄く詳しくなった。」

「〇〇をやってみたいからトレーニングを3年続けた。」

かくいう酒井もどうしても進学したい高校へ行くため、昼夜問わず一心不乱に勉学に励み、執念のみで第一志望校合格をもぎ取った経験があります。

(最初からきちんと勉強しとけよ、という話ですが。。笑)

皆、自分の好きなことや望むことのためならば、頑張れるのです。一生懸命になれるのです。

勉学というものはそれ自体大切なものですが、それ以上に重要なのは「努力の仕方を学ぶ場」というところにあるのではないかと思います。

「将来こういうことをやりたいからこの職業に就きたいな。この職業に就くためにはこの大学に行こう。この大学はあそこの高校からの進学率が高いから、自分もあと〇〇点成績を上げるためにこういう風に工夫して勉強しよう。」

やりたいことから逆算して自分の人生設計を立てたり、自分で考えて現状を打破しようとしたり。

たとえ学力があまり関係ないように思われる職業でも、勉強で工夫をした経験や努力をした経験は間違いなく将来に生きる能力です。

Winでは、子どもが世界の様々なことに興味をもつことができるように、しばしば生徒たちと色んな話をします。

海外で経験した面白い話、危なかった話。

素晴らしい自然と触れ合った経験。

動物の雄大さや、植物の繊細さ。

学年が上がれば、スポーツや哲学、文学や芸術、社会の仕組みなども話題に上がります。

講師がみな多趣味で、常に「興味深いこと」にアンテナを張っているため、自分の持っている知識を生徒に伝え、彼らの目を世界へ向けることができるのです。

子どもの夢
ウソ~~!!世界ってなんて広いの?って、一緒にワクワクしましょう!

 

ですが、夢というのは一生ものではありません。

夢叶ったり、夢破れたり、あるいは興味の対象が別に移り、夢自体が全く変わってしまうこともあるでしょう。

私で言えば「第一志望校合格」という夢は、第一志望校に合格した時点で「過去の通過点」になったのです。

 「夢」とは偉大なものですが、同時に自分の能力や達成度、環境の変化に応じて夢は進化していくものでもあります。

私は、子どもたちに夢をいっぱい持っていてほしいと思います。

ほとんどの子どもは、その中のいくつかの夢に破れることがあるでしょう。

でも、それは何一つ無駄なことではありません。

その悔しさや学んだことは、別の夢を叶える際に絶対に生きる力です。

お子様には、ぜひ多くのことに触れる機会をもたせてあげてください。

ご家庭でもいろんなお話をしてあげてください。

腕いっぱいに夢を抱え、夢のために努力の仕方を学び、一生懸命努力をし、多くのことに挑戦できる最高の人生を歩める子どもが一人でも増えるよう、

今日も進学塾Win講師一同、頑張ります!(‘ω’)

========

\Facebookはじめました!/

ブログの更新情報・Winの生徒が普段どのように学んでいるか、Facebook限定のクーポンなどを定期的に投稿いたします!

「通ってみたいけどもうちょっと様子を知りたい…」
「どんな授業や特別講座があるの?」
「ほかの進学塾と違うところは?」

という方は覗いてみてくださいね!(‘ω’)

\Goodな情報をお届けいたしますので、

ぜひ「いいね」「シェア」お願いします/