可児市・多治見市の学習塾は、地元で24年間の実績を持つ『進学塾Win』にお任せください【小学生・中学生・高校生 対応】
進学塾Win
0574-64-4596
10:00~21:00(土日祝定休)

間違いの多い人ほど逆転のチャンス? テスト直しは○○○○○で!!

こんにちはー!

 

進学塾Winも新年度に突入し、皆が新しいテキストに心を躍らせているのを見て、一緒にテンションが上がっている酒井です(*’ω’*)笑

 
 

 

新しいテキストや教科書、ノートに名前を書く瞬間って、妙にワクワクそわそわしちゃうんですよねえ。

 

今日授業だった生徒たちも、

 

マッキーの太い方で名前書こう!!!

大きく書こう!!!

綺麗に書こう!!!

((((oノ´∀`)ノ

 

 

と、わさわさしていました(;´∀`)笑

 

さかい
さかい
実は大人になってからも、新しいものに名前を書く瞬間や、最初の一字を書く瞬間はワクワクしちゃいます
(´∀`*)

小学生か!(-ω-)/
うさくん
うさくん

 

さて!では新年度早々張り切って、今日のブログスタートです!(*’ω’*)

 

 

正しいテスト直しの習慣で、成績は見違える!

 

ブログタイトル

 

「早い内から子どもに正しいテスト直しの習慣をつけてほしい」

「成績がこれ以上伸びずに悩んでいる。。。」

「勉強のやり方が、これで良いのか分からなくなってきた…」

 

 

 

分かる…

分かります…!( ;∀;)

 

 

勉強って、孤独な側面を持つのでだんだん不安になってくることがあるんですよね。。。

 

「なかなか成績が上がらないのは勉強の仕方が悪いんじゃないか」

「こうしている間にもどんどん差が広がってしまうのではないか」

 

一旦こういう思考になってしまうと

「もう私はダメだ」「どうしてできないんだ」

という負のスパイラルに陥ってしまい、

 

ハッキリ言って良いことがありません!!!!!!

 

物事を真面目に捉えてしまう人ほどこのように落ち込んでしまいがちなので、今日は基本的な勉強法を見直し、即行動!!!

 

落ち込んでいるその一分一秒を、自分の成績向上、そして自分に自信をつけるために、使いましょう(*’ω’*)

 

1.直しノートを作る!

 

成績UPのための近道は、「解けない問題を解けるようにすること」です。

 

1回解き直しておーわり!にならないよう、直しノートを作ると良いです。

オススメはルーズリーフ!^^

 

あとから単元ごとにまとめてチェックできるよう、インデックスシールで分けると、テスト前などに気になるところをサッと見返すことができます◎

 

また、直しってぶっちゃけ面倒臭いので…、、、

 

紙が増えていく様子を見て、「自分頑張っているなぁ」と自分を認めてあげたりモチベーションを上げたりすることにも最適だと思います!(^^)/

 

インデックスシール

教科書にも応用が◎ 目的の分野を、サッと見たいときにとても便利!

出典:Instagram

 

2.多種多様な色はNG!

 

小中学生あるあるなのが、「目が潰れるほどカラフルなノート」。笑

 

まあ、、、楽しいもんね、
可愛いもんね、
カラフルだと、、

でも、、、、見にくさMAX( ;∀;)

 

見にくいノート

カラフル過ぎて、どこに注目すべきなのか分からない…(;_:)

何のためにインデックスで単元分けしたかを考えましょう。

 

何度も見直しをするためですよね?
「直して終わり」じゃありません!
(↑ここ重要><)

 

それなら見やすくするべきです^^

 

私が使っていたのは、基本的にほとんど赤と黒の2色(今でも資格試験の直しなどの時はそうしています)。

 

シャープペンシル→直し
→間違えやすいポイントや重要部分
→ほとんど使わないけどごくたまに、ラインやアクセントとして。

 

テスト直し

シンプルで見やすいのが、結局一番続く!

出典

 

3.「自分の言葉」で解説を書く!

 

やっちゃいけないのが「解説丸写し」( ;∀;)

 

解説を丸写ししている間、思考停止しながらただ手を動かしているだけの人が多いのではないでしょうか。

 

それでは、いくら直しをしても効果は半減。。。
記憶に残りにくいのです。

 

ではどうすれば、記憶に残りやすい直しができるのか?

 

①解説は読んで
②理解して
③自分で解けるようになったら
④解説書を閉じて
⑤直しノートには「自分の言葉」で解説を書く

 

ようにしましょう!(`・ω・´)

 

答え直し

解説を読んだり聞いたりしたら、自分で嚙み砕いて自分の言葉で書くと理解が深まる!

さかい
さかい
そこで筆が止まってしまうということは、まだ本当に理解できていないということです。
おそらく、また同じ問題が出ても解けません。。。(;_:)

せっかく直してるのにそれはもったいない!
どうせなら一発でしっかり覚えられるよう、正しい方法でやり直してみるのがGOOD♪
うさくん
うさくん

さかい
さかい
この⑤「自分の言葉」で解説を書く というのが一番大事! 解説を自分の中にきちんと落とし込めていたら、ちゃんと自分で書けるはずですからね^^

「自分の言葉で説明する」ことの大切さは、またブログにてしっかり解説しようと思っています!
本当にめちゃくちゃ効果抜群の勉強法なので、小学生から高校生までオススメです!
うさくん
うさくん

 

4.まとめ

 

テスト直し、嫌ですよね。。。

 

自分の間違っているところを確認するのは、誰だって嫌です。

 

さかい
さかい
かくいう私も…苦手です…!(-ω-)/

ナ、ナンダッテェーーーーーー‼‼‼‼‼
うさくん
うさくん

 

でも、こう考えてみてください。

 

「間違いは、成績を上げるための宝庫」

 

こう考えると、間違い直しは悪いことばかりじゃありません。

 

それどころか、

 

「間違いの多い人ほど逆転のチャンスが生まれる宝の山」

 

なのです。

 

ちなみに…

 

間違い直しは、慣れると楽しくなってきます♪(^^)/

 

なぜなら、
「1問直す度に成績が上がるのを自覚できるようになるから」!

 

いーっぱい間違えて、一つ一つ丁寧に直しましょう。
それは、必ずあなたの力になりますよ^^

 

【自学と努力の習慣づけ◎進学塾Win】

 

 

\Winの日常、覗いちゃう?/