可児市・多治見市の学習塾は、地元で24年間の実績を持つ『進学塾Win』にお任せください【小学生・中学生・高校生 対応】
進学塾Win
0574-64-4596
10:00~21:00(土日祝定休)

お料理で数学的センスを磨こう!

「日常から学ぶこと」をもっと大切にしよう!

普段、気に留めてはいないかもしれませんが、
私たちの日常には学びが溢れています。

大人にとっては当たり前のことでも、子どもは「あれ何ー?これ何ー?」って聞いてくるやんな!
うさくん
うさくん
さかい
さかい
そう!まさにそれ!
私たちには見慣れたものでも、子どもたちにとっては「アレコレ聞きたい知らないこと」なんですね~!

つまり、その気になれば私たちは今この瞬間から!

子どもにとって役立つ新しいことを色々教えてあげることが出来るということ!

今日はそのお料理編です!Let’s go!(^^)/

ブログ画像・料理

お料理って実は学べることが盛りだくさん!

1.時計の読み方が学べる!

とはいえ、未就学児や小学校低学年に包丁を持たせるのはかなり不安だよねえ。。。
うさくん
うさくん

さかい
さかい
ご安心を!包丁を持たなくてもOKです。
未就学児でも、時間の概念がざっくり分かっていて、10くらいまでの数字が読めれば時計学習の準備は完璧です!

デジタル時計をお使いのご家庭もあるかもしれませんが、
時計学習に向いているのは断然アナログ時計!

「短い針と長い針」が見えると理解度も深まりますよね^^

教え方も、いきなり読み方を教えるのではなく、
まず短い針が「時間」を表すことを教えてあげましょう。

「短い針が5のところに来たら5時だよ。
 5時になったら夜ご飯作り始めようね^^」

「おやつの時間は3時だよね。
 短い針がどこに来たら3時かな?^^」

という具合に、普段から声掛けをしてみましょう。

まずは見てそのまま理解できる形で
時間に触れているのがBESTです(´∀‵)

これは普段の生活の中でも使えますが、
時計と時間の関係をもっと理解できるようになると

お料理の中でこんな風に落とし込めるようになります。

さかい
さかい
長い針が6まで来たらサラダ作ろうか!
何時何分になるかな?

12時30分!僕レタスちぎるー!(^^)/
うさくん
うさくん

さかい
さかい
すごいぞ正解!



さかい
さかい
4時になったらケーキが焼けるよ!
あと何分あるかな~??
5、10、15…
あと50分後!
うさくん
うさくん
さかい
さかい
長いね!( ;∀;)
待てない!( ;∀;)
うさくん
うさくん



という具合に、
お料理の中には時間や時計に触れるタイミング
い~っぱいあるんです^^

2.単位と、その量を学べる!

お料理をする際には、たくさんの単位が出てきますよね。

単位は、時計と同じく小学生低学年が躓きやすい単元。。。

ここで大事なのは、
「その単位の実際の量を知ること」!

さかい
さかい
例えば「kg」って単位があるよね。
では5kgのお米の袋を持ってみてください!
(ズシッ…)お、重い!kgって重い!!!
うさくん
うさくん
さかい
さかい
じゃあ、お砂糖5gは…どう?
か、軽い…!同じ「5」なのに…!?
うさくん
うさくん
さかい
さかい
そう!数字が一緒でも単位が違うと全然違うの!

他にも、

「1Lはこの牛乳パックの量だけど、100mLはこれくらいしかないね^^」

「1kgと1Lって同じ重さなんだねぇ^^」

などなど、色々応用が利きますよね。

長さ以外の単位って、学校で使う機会があまりないんです。

だからこそ、毎日じゃなくても大丈夫なので、

たまーにこうやって色んな感覚を体験しておくことが大切。

後からじわじわ効いてくる数学的センスを磨くために
普段からちょこっとずつ補っておきましょう(^^)/

単位とその重さ

Winでもこんな感じで、実際に単位を体感してもらっています!

3.等分することが学べる!

「何等分」ってやっぱ包丁使わないと無理じゃない??
ケーキを切るとかピザを切るとか、よく例に挙がるよね。
うさくん
うさくん
さかい
さかい
いえいえ!
小さいうちは「1つのものを同じ数量に分ける」という感覚を身につけることが重要です。

例えば、

ひと袋に入ったチーズを同じ個数ずつ分けたり、

大体同じ大きさになるようバナナを指でちぎったり。

これも立派な「等分」です!

また、分けたりちぎったりすることで
手指を動かすので、脳の発達にも最適です。

更に「どうしたら等分できるのか」という思考力
同時に養うことができるんです(^^)/



最後に

り、料理、、、有能、、、!
うさくん
うさくん
さかい
さかい
忙しいご家庭ではなかなかできないことだと思います。
でも、「やっといて良かった!」と後々感じることばかりなので、休日などに継続できると、いざ学校で習うときにすんなり理解できるはずです!
Winでも勉強するとき、よく日常のことと絡めて説明するよね!
うさくん
うさくん
さかい
さかい
そうすると皆が想像しやすいし、記憶にも残りやすいの!
例えば「1Lといえば、みんなが飲んでる牛乳(ジュース)のパック!」って言えば、次から牛乳パックを手に取ったときに授業のことを思い出して、自然と反復するでしょ?

料理をするときは手順が必要ですから、
なぜその手順で調理をするのか根拠も交えて説明できると

同時に論理的思考を養うことができますよ!^^

あれもこれも欲張りになっちゃいそうですが、
子どもの理解度に合わせて一つずつ学んでいきましょう♪(^^)/

***

今日はこの辺で。

日常から学べることは多いのに
語彙力や経験が少なくて、問われていることを
なかなか理解できない子を多く見るようになってきました。

コミュニケーションの時間としても、

是非ご活用くださいね◎

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

進学塾Win(@shingaku.win)がシェアした投稿

 

\インスタちょこちょこやってます。ストーリー毎日更新♡/